きままなひとりごと

halaloha.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ハル その後

7月の中旬にハルの目がおかしい事に気付いた。

右目の瞬膜が出てきて瞳孔が縮んでる。
そして少し窪んでいるようだ。

a0267851_1335913.jpg

(分かりにくいね)


a0267851_1337223.jpg

(画像が横になっちゃった)



掛かり付けの動物病院へ。

a0267851_13344127.jpg


目の病気ではなく、ホルネル症候群の疑いがあると言われた。
血液検査の結果は甲状腺も問題なかった。
耳に少し炎症が見られるので その影響かもしれない。
でも感染や腫瘍、外傷性損傷(リードが首に絡まったなど)も原因のひとつになり得る
との事だった。
他にも特発性(原因不明)の場合もあるとのこと。

まずは原因を特定して治療するのだが
耳の炎症があるので それを治療することに・・・
目薬も点したが変わりはない。
特発性の場合、目薬で一時的に瞬膜が引っ込むのだが
ハルはそのまま・・・
なので特発性ではない事になる。
特発性の場合、特に治療しなくても3~4ヶ月で元に戻るそうだ。

実は症状が出始めた5日後に我が家はキャンプの予定があり
その事を医師に話すと
「行って来ても大丈夫」と。
なので行きました~キャンプ!
その話はまた後日。


プレドニゾンの影響で多飲多尿になったハルさん。
ちょこちょこ庭に出すのだがペットシーツにもよくするハル。
しかし失敗が多く 床に水溜りが出来てる事もある・・・^^;


相変わらず瞬膜は出たまま・・・
掛かり付け医師の勧めで他病院でMRI検査をすることに。
専門医の話は丁寧で判りやすく 時間を掛けて説明してくれました。

MRIと同時に顔周りに針を刺して調べる筋電図もして貰いました。
全身麻酔は大丈夫か?腫瘍があったら?と心配は尽きなかったけどね。
検査当日は心配でバクバクだったけど
ハルは頑張りました~


a0267851_13343084.jpg

(ガクも迎えに来てくれたよ~)


a0267851_13342614.jpg

(精算待ちのハル)



その結果
心配していた腫瘍はなかった!
でも交感神経に異常があり、右目周りの神経が働いていないと。
服薬とマッサージで治療をし、針治療も同時に行う事に。
その病院は毎週土曜日に専門の医師が来るので予約。
が!針治療初診は時間を多く取らなければいけないので
ちょっと先になってしまいました・・・


ただ 診察して貰って分かったのだが
ハルさん、左目(瞬膜が出ていない方)の虹彩に筋があり
失明するのが早いかもしれない・・・と言われました。
右目の虹彩は綺麗なので
リハビリをして良く見える状態にした方がいい、と・・・。

自宅でマッサージ、頑張ろうね~ハルさん!


a0267851_1335657.jpg

ハル:よくわかんないけど がんばるぅ
[PR]
by hal-aloha | 2013-08-08 13:47 | ハル | Comments(1)

ハル MRI検査

a0267851_1448183.jpg



a0267851_1448279.jpg



ハルさん、いま病院にてMRI受けてます


心配 心配…
[PR]
by hal-aloha | 2013-08-02 14:45 | ハル | Comments(2)

GRのハルとシェルティのアロハは元保護犬。5匹の猫も同居中。 by 麦


by 麦