きままなひとりごと

halaloha.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

順調デス

日課になった川遊び

DSC02517_convert_20110731203215.jpg


もっと上流のキレイな川へ ハルとアロハを連れて行きたいと思うのだが
アロハは車がちょっと苦手・・・
喜んで飛び乗るのだが ちょっと走るとヨダレがだらだら・・・
30分くらいなら吐かずにいられるけど
それ以上乗ってると吐いてしまう
これも克服させてあげたい

ハルは何時間でも平気
ほとんど寝てますが・・・


ちょっと離れた所に釣りのおじさん

DSC02520_convert_20110731203322.jpg

アロハは気になって行きたがってました


もう一か所 お散歩コースが見つかりました

DSC02540_convert_20110731204016.jpg


DSC02537_convert_20110731203910.jpg


今のところ 他のわんや人に会った事はないので これからも利用しようと思いますが
ココは川はないので 暑いとやっぱり河原散歩にしてます





おまけ



ダイエットをもっと頑張ります
[PR]
by hal-aloha | 2011-08-06 23:00 | 散歩 | Comments(12)

お散歩

先日、体験レッスンで教えて貰った事を実践してみて
私もお散歩が楽しくなりました〜
今まではアロハの物凄い吠えと引っ張りとの戦いでしたから

今までと違うお散歩方法です
まず 首輪を止め ハーネスにしました
そしてリードの長さは3m
今までは、アロハがウチのコになってからは普通の首輪で
訓練から戻って来てからはチョークチェーン、途中からハーフチョークに
していました
いつもアロハはゼェゼェ言いながら歩いていたので
ハーネスにしただけでも楽しそうに歩いてくれます

20110724092056(1)_convert_20110802232339.jpg


20110724091419(1)_convert_20110802232300.jpg
↑は先日の体験レッスンの時です
写っているのはトレーナーさんです

犬も人も居ない、入って来ないような場所を選んで散歩してます
河原とか山とか・・・
河原でも探せばそういう場所があるんですね〜
そこで地面の匂いをいっぱい嗅ぎ、川に入ってみたり
道なき道を草をかき分け歩いたりしてます

ウチは河原が近いので河原散歩してます
河川敷まで歩いて10分弱くらいですが
そこへ行くまでに住宅街を通らなければならず
他犬に会わないようにクネクネ曲がりながら行っても 
外飼いのワンや家の中にいるワンがちょっとでも吠えたら
もうアロハは興奮してワンワン始まり、私の声も届きません
なので車で行ってます

まずはストレスレベルを下げる事が大事だということです

このお散歩を始めてから アロハは勿論、ハルも楽しそうです
わたしも楽しいです

DSC02527_convert_20110731203515.jpg



まずはストレスマネジメントという事で
飼育環境の改善と命令しない、叱らないを実行しています
そして このお散歩方法でやっていこうと思います
[PR]
by hal-aloha | 2011-08-03 00:34 | 散歩 | Comments(6)

今の気持ち

アロハを預けてたドッグスクールは
「楽しく優しく叱らない」「不安やストレスを感じさせない」と謳っています
でも実際は・・・

DSC02395_convert_20110626120206.jpg

預けて一ヶ月目の初めての面会練習の時は
アロハは楽しそうに見えたし 周りはみんな同じ一ヶ月目だったので
和気あいあいな感じで 不安になる事はなかったのだけど
二ヶ月目の練習の時は そんな事するのは・・・と不安に思った事があった
チョークチェーンを思いっきりジャークしろ、と言うのである
中途半端にやると犬は苦しいので 一瞬で思いっきりリードを引け、と言われた
その練習をさせられたのだが わたしは出来なかった
勿論アロハだけじゃなく トイプーやコーギー、ミニピンもジャークの練習・・・
アロハは何をされるか先読みし、うまくかわすので 
かえって私は助かった気分になったのだった

練習を終えて帰る時 トレーナーさんが 
「アロハの吠えはまだ残っている 成犬なので難しい 電気ショックカラーを練習してるから
購入してはどうか」と言われた
気持ちがモヤモヤしてきて憂鬱になった
でも あと一週間で卒業だったので
モヤモヤしたまま スクールを後にした

そして卒業の日
以前からトレーナーが 「卒業時にとっておきの技を教えます」と言っていたのだが
その技を教えてくれた
「ちょっと待ってて」と言って持ってきたのは子ども用のおもちゃのバット
アロハは私達の座るソファーの足元で伏せをしていたのだが
トレーナーがバットを持って来た途端、私の背中の方へピョンと飛び、逃げてきた
一瞬、何が起こってるのか理解に苦しんだ

もう、なんでそこで怒りをぶつけなかったんだ、あたし・・・
って今は思うが
その時はビックリしたが バットの件は分かった振りしてればいい、って思ったの
絶対やる気はなかったし でもそれをトレーナーに言う気にもならなかった

そこまでされて不信感が芽生えたんだけど
だからと言って 今まで練習してきた訓練は続けなきゃ、って思ったし
電気ショックカラーもバットも使わずに 練習しようって・・・

変だよね?
鈍いと言うか無知過ぎる


自宅に帰ってから 一応訓練はしていたが
これでいいのか、って悩む日々
相方は 服従させるのは当たり前だ、みたいな事を言い
そうだよなぁ〜飼い主はリーダーなんだから
それを分からせるために服従訓練は必要なんだろうなぁ・・・って
思う反面、漠然とした不安に襲われていた

卒業後 一年間は
昼間はサークルで過ごさせ 寝るときはクレート
室内で遊んであげる必要もない
お散歩は必要なくて 朝夕二回訓練をするように、って・・・
それってどうよ?
ハルは室内フリーだと言ったらと 出来ればハルもサークルに、
無理なら別室にするように言われていたのだが
そんな事したら 今度はハルが問題行動が出てくるかもしれなし
何より可哀想で出来ずにいた
そして だんだんアロの吠えが酷くなって来たのに気付いた
それに常に人の顔色を伺うような感じだし 
緊張しているのも分かった
訓練に出す前より 悪くなってきている・・・そんな感じだった


そんな時、あるトレーナーさんのブログを読み、
180度違うやり方にビックリし そして目から鱗が取れた(爆
そして体験レッスンを申し込み、体験してきました
また間違いをおかさないように・・・
アロハは興奮度が高いコなので このやり方は有効だと思う

またアロハと一緒に頑張ります
そのレッスンの様子は次回・・・


DSC02538_convert_20110731203941.jpg
[PR]
by hal-aloha | 2011-08-02 00:58 | Comments(7)

GRのハルとシェルティのアロハは元保護犬。5匹の猫も同居中。 by 麦


by 麦